夜のバイトを選ぶなら?|お酒が飲めなくても高収入を目指せるメイド喫茶の仕事!

夜のバイトを選ぶなら?

浜辺でしゃがんでいる女性

メイド喫茶などの接客業を経験してみると、同じようなメイドバーや少し給料の高そうなキャバクラなどに興味をもってくるものです。
実際に昼よりも夜のほうが一般的に給料が高く設定されているので、夜のバイトを始めてみようかと考えだす人も少なくはありません。また、そういった接客業を実際に経験したことのない人でも、お金が欲しくて夜のバイトを探しているという人も少なくはないでしょう。
未経験者なら、どの職業がどのような仕事なのかあまり詳しく知らないという人がほとんどでしょう。
まず、メイド喫茶と同じくメイドとして働くことのできるメイドバーについてですが、メイドバーもメイド喫茶と仕事内容はほとんど変わりません。お酒を提供したりお酒を飲ませてもらったりすることがあるくらいの違いです。昼のメイド喫茶に比べると時給は1200円前後と少し変わります。
同じように時給が1200円前後の接客業がガールズバーです。ガールズバーは、カウンター越しの接客なので他の接客業に比べるとお客様との距離はそれほど近くありません。未経験者の人や、夜のバイトに少し不安を抱えているような人にはオススメの仕事といえるでしょう。
主にお酒がメインになるので、お酒をお客様から頂くことでバックが発生します。もちろん、お酒の飲めない人でも働くことができるので若い女性からとても人気が高いですが、やはりガールズバーは女の子の年齢層が若い傾向にあります。20代後半~は、キャバクラやカウンターレディを探した方が歳の近い人が多いでしょう。
キャバクラは、メイド喫茶やガールズバーなどとは違い、お客様の隣に座って接客をするのが基本です。キャバクラの時給は3000円前後のところが多く、時給だけでも通常のバイトよりも十分に稼ぐことが可能なので、余裕が欲しいという人にとっては、とても魅力的な仕事なのではないでしょうか。